基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

令和元年 秋期 基本情報技術者 午前 問13
問13   多重割込み

 メイン処理,及び表に示す二つの割込み A,B の処理があり,多重割込みが許可されている。 割込み A,B が図のタイミングで発生するとき,0 ミリ秒から 5 ミリ秒までの間にメイン処理が 利用できる CPU 時間は何ミリ秒か。ここで,割込み処理の呼出し及び 復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

ア 2       イ 2.5       ウ 3.5       エ 5
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 処理は以下のように行われる。
  1. 割込み B が発生し、割込み A が発生するまでの1ミリ秒間処理を行う(図のB1)
  2. Bの処理は、1.5 ミリ秒であるが、割込み A が発生し、Aが 0.5 ミリ秒間処理を行う(図のA1)
  3. Aの処理が終了するので、Bが 0.5 ミリ秒間処理を行う(図のB2)
  4. CPU が空くので、メイン処理を行う(図のM1)
  5. 割込み A が発生し、Aが 0.5 ミリ秒間処理を行う(図のA2)
  6. CPU が空くので、メイン処理を行う(図のM2)
  7. 割込み A が発生し、Aが 0.5 ミリ秒間処理を行う(図のA3)
  8. CPU が空くので、メイン処理を行う(図のM3)
 よって、0 ミリ秒から 5 ミリ秒までの間にメイン処理は、合計で2ミリ秒である。

【平成26年春 問09 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]