基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問79
問79   プログラムの著作権

 プログラムの著作権に関する記述のうち,著作権法に抵触するおそれのある行為はどれか。

ア 会社が,業務として従業員に作成させたプログラムを,作成者に無断でコピーし,他社に販売した。

イ 購入プログラムを自社のコンピュータで効果的に活用するために,著作者に無断で,一部を改変した。

ウ 購入プログラムを自社のバックアップ用に,著作者に無断でコピーし,保管した。

エ 使用許諾を受けている購入プログラムを,著作者に無断でコピーし,子会社に使用させた。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:会社が業務として従業員に作成させたプログラムは、会社に著作権があり、 作成者に無断でコピーし、他社に販売しても著作権法に抵触しない。

イ:購入プログラムを自社のコンピュータで効果的に活用するために一部を改変しても 著作権法に抵触しない。

ウ:バックアップ用にコピーすることは、認められている。

エ:著作権法に抵触するおそれのある行為である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]