基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問21
問21   プロセッサの割込み

 プロセッサが割込みを発生するのはどの場合か。

ア インタリーブ方式によるメモリバンクの切替え完了

イ キャッシュメモリに対するヒットミスの発生

ウ 入出力開始命令の実行

エ 浮動小数点演算命令実行によるあふれ(オーバフロー)の発生


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

割込の種類には、次のようなものがある。

@ 監視プログラム呼出し( SVC:SuperVisor Call )割込み
 プログラムの中で監視プログラムの特定のシステム・ サービスを 使うとき起こる。たとえば、プログラムの中で入出力装置を使うときに、 この割込みが起こる。

A 入出力割込み
 入出力装置の操作完了を知らせる場合に起こる。

B 外部割込み
 時間間隔が完了したり(タイマ割込)、オペレータが操作卓上の割込キーを 押したときなどに起こる。たとえば、タイムスライスで割当てられた時間が 経過すると、この割込が起こる。

C プログラム割込み
 プログラムの誤り、ページ不在などによって引き起こされる。

D 機械チェック割込み
 機械の誤動作によって引き起こされる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]