基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問36
問36   最適化の説明

 コンパイラにおける最適化の説明として,適切なものはどれか。

ア オブジェクトコードを生成する代わりに,インタプリタ用の中間コードを生成する。

イ コンパイルを実施するコンピュータとは異なるアーキテクチャをもったコンピュータで動作するオブジェクトコードを生成する。

ウ プログラムコードを解析して,実行時の処理効率を高めたオブジェクトコードを生成する。

エ プログラムの実行時に,呼び出されたルーチン名やある時点での変数の内容を表示するようなオブジェクトコードを生成する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 最適化コンパイラは、プログラムコードを解析して、実行時の処理効率が より良くなるようなオブジェクトコードを生成する。

 たとえば、ループ処理の中の処理に関係ない数値の代入をループの外に出す。

 ソースプログラム     変更後     
 ループの開始    
  x=100;      
  y=y+x;       
 ループの終了   
 x=100;
 ループの開始
  y=y+x;
 ループの終了

【平成15年秋 問42】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]