基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問47
問47   オンラインシステムの障害対策に関する記述

 オンラインシステムの障害対策に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア ジャーナルファイルやマスタファイルのバックアップファイルは,すぐに復旧処理ができるようにオリジナルファイルと同一の場所に保管する。

イ トランザクションの処理が正常に終了できなかったときは,トランザクション開始直前の状態に戻すために,ロールフォワード処理を実行する。

ウ マスタファイルと,一定時間ごとに作成したマスタファイル更新用のトランザクションファイルを用いて,システム障害発生直前の最新データを復元する。

エ マスタファイルは,オンラインサービスの終了時にバックアップを取得するだけでなく,システムの特性に応じた時期にバックアップファイルを取得する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。ジャーナルファイルやマスタファイルのバックアップファイルは、 災害などを考慮すると同じ場所に保管しない方がよい。

イ:誤り。トランザクションの処理が正常に終了できなかった場合は、ロールバック処理を実行する。

ウ:誤り。マスタファイルとジャーナルファイルを用いて、システム障害発生直前の最新データを復元する。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]