基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問48
問48   システムの保守に関する記述

 システムの保守に関する記述のうち,MTBF を長くできるものはどれか。

ア 遠隔保守を実施する。

イ 故障発生箇所の臨時保守を実施する。

ウ 保守センタを1か所集中配置から分散配置に変える。

エ 予防保守を実施する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 MTBF(Mean Time Between Failures)は平均故障間隔とよばれ、 隣接した故障と故障の間の時間の平均値のことである。 MTBF の値が大きいほど、システムの信頼性は高い。

  MTBF =稼動時間/故障件数

ア、イ、ウ:誤り。 MTBF を長くするとは限らない。

エ:正しい。予防保守を実施するとMTBF を長くすることができる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]