基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成25年 秋期 基本情報技術者 午前 問49
問49   プログラムの正当性の検証

 プログラム実行中の特定の時点で成立する変数間の関係や条件を記述した論理式を埋め込んで, そのプログラムの正当性を検証する手法はどれか。

ア アサーションチェック         イ コード追跡

ウ スナップショットダンプ        エ テストカバレッジ分析


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい

イ:コード追跡 は、プログラムを実行させ、命令を追跡してプログラムの動作を 確認する手法である。

ウ:スナップショットダンプ は、実行中のプログラムの特定の位置の変数の値やメモリの内容を表示し、 プログラムの動作を確認する手法である。

エ:テストカバレージ分析 は、ホワイトボックステストにおいて、コード中のどれだけの割合の部分を 実行できたかを評価するのに使う手法である。

【平成22年秋 問44】応用情報


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]