基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問30
問30   データベースの復旧技法

 トランザクション T はチェックポイント取得後に完了したが,その後にシステム障害が発生した。 トランザクション T の更新内容をその終了直後の状態にするために用いられる復旧技法はどれか。 ここで,チェックポイントの他に,トランザクションログを利用する。

ア 2相ロック        イ シャドウページ

ウ ロールバック       エ ロールフォワード


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ロールフォワードは、データベース操作において障害が発生した際に、あらかじめ取って置いたデータベースの バックアップとログデータ(アクセス記録)を基にしてもとの状態に戻す方法である。

(ウ)のロールバックは、データベース操作において障害が発生した際に、データベースの状態を トランザクション開始前の状態に戻す障害回復処理である。 ジャーナルファイルに記録された更新前情報を用いて、現時点からトランザクション処理時点まで 戻ることによって復旧する。

【平成21年春 問35】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]