基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問17
問17   パイプライン処理

 CPU のパイプライン処理を有効に機能させるプログラミング方法はどれか。

ア サブルーチンの数をできるだけ多くする。

イ 条件によって実行する文が変わる CASE 文を多くする。

ウ 分岐命令を少なくする。

エ メモリアクセス命令を少なくする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 パイプライン処理は、命令制御をステージにごとに分け、 各ステージごとに並列に動作させる方式である。 パイプライン処理を行うには次のような考慮が必要である。
  • 各命令の長さと実行時間が一定である必要がある。
  • 命令の中に分岐があると実行効率が悪くなる。
  • 「割り込み」が起きると実行効率が悪くなる。
よって、分岐命令を少なくする必要がある。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]