基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成23年 春期 基本情報技術者 午前 問48
問48   オブジェクト指向の特徴

 オブジェクト指向の特徴はどれか。

ア オブジェクト指向では,抽象化の対象となるオブジェクトに対する操作をあらかじめ指定しなければならない。

イ カプセル化によって,オブジェクト間の相互依存性を高めることができる。

ウ クラスの変更を行う場合には,そのクラスの上位にあるすべてのクラスの変更が必要となる。

エ 継承という概念によって,モデルの拡張や変更の際に変更部分を局所化できる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 オブジェクト指向のプログラミング言語には、Java, C++, JavaScript, Lingo 等がある。 オブジェクトは、独自の「状態」と「振る舞い」をもっている。 自動車は、形、色、速度、燃料の量などの「状態」と進む、止まる、曲がる、 ライトがつくなどの「振る舞い」がある。

 「抽象化」は、同じ性質のものをまとめて共通の要素の抽出と定義を行う。

 「クラス」は、オブジェクトに共通なデータや機能を定義したもので、クラスの定義をもとに、 内部のデータを設定して、実体化したものがオブジェクトになる。

 オブジェクトの外からオブジェクトの内部への直接の操作を禁止することを「カプセル化」とよぶ。 カプセル化によって、オブジェクト内のインスタンス変数への操作は、メソッドを 呼び出すことで可能になる。

 「継承」は、インヘリタンスともよばれ、既存のクラスのメソッドや変数を引き継いだ新しいクラスを 作成する仕組みである。

【平成19年秋 問44】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]