基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

令和元年 秋期 基本情報技術者 午前 問34
問34   宛先ポート番号が常に8080になるTCPパケット

 クライアント A がポート番号 8080 の HTTP プロキシサーバ B を経由して ポート番号 80 の Web サーバ C にアクセスしているとき, 宛先ポート番号が常に 8080 になる TCP パケットはどれか。

ア A から B への HTTP 要求及びCからBへの HTTP 応答

イ A から B への HTTP 要求だけ

ウ B から A への HTTP 応答だけ

エ B から C への HTTP 要求及びCからBへの HTTP 応答


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 インターネットは、機器を識別するために、IP アドレスを使用するが、IP アドレスだけでは 通信内容が何のプロトコルで、どのプログラムと通信するかを通信相手に伝えることができない。 そのために対象プログラムを識別する番号としてポート番号を使用する。

  • クライアント A が宛先ポート番号 8080 を指定し、プロキシサーバ B と通信を行う。 このときに任意の送信ポート番号(x)を付ける。
  • プロキシサーバ B が宛先ポート番号 80 を指定し、Web サーバ C と通信を行う。 このときに任意の送信ポート番号(y)を付ける。
  • Web サーバ C が宛先ポート番号yを指定し、プロキシサーバ B と通信を行う。
  • プロキシサーバが宛先ポート番号xを指定し、クライアント A と通信を行う。
 よって、宛先ポート番号が常に 8080 になるのは、 「クライアント A からプロキシサーバ B への HTTP 要求だけ」となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]