基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

令和元年 秋期 基本情報技術者 午前 問76
問76   最大利益の計算

 製品 X 及び Y を生産するために2種類の原料 A,B が必要である。 製品1個の生産に必要となる原料の量と調達可能量は表に示すとおりである。 製品 X と Y の1個当たりの販売利益が,それぞれ 100 円,150 円であるとき,最大利益は何円か。

原料   製品 X の1個
 当たりの必要量  
  製品 Y の1個
 当たりの必要量   
  調達可能量  
 A       2       1    100
 B       1       2     80
ア 5,000         イ 6,000         ウ 7,000         エ 8,000
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 1個当たりの利益販売が異なる製品の最大利益の計算である。

 製品 X の生産量を x 、製品 Y の生産量を y とし、 原料 A と原料 B についての式を作成する。

 @ 原料 A:2x + y ≦ 100
 A 原料 B:x + 2y ≦ 80

@から y を計算する

 B y ≦ 100 - 2x

Bの y をAに代入する。

 x + 2(100 - 2x ) ≦ 80
 x ≧ 40

これをB(に代入する。

 y ≦ 20

最大利益になるのは製品 X を 40 個、製品 Y を 20 個生産したときとなる。 よって、

 100 円× 40 個 + 150 円× 20 個 = 7,000 円

【平成25年秋 問75】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]