基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問09
問09   排他的論理和の相補演算

 任意のオペランドに対するブール演算 A の結果とブール演算 B の結果が 互いに否定の関係にあるとき,A は B の(又は,B は A の)相補演算であるという。

排他的論理和の相補演算はどれか。

ア 等価演算     イ 否定論理和

ウ 論理積      エ 論理和  


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

●排他的論理和(EOR)

 A と B の排他的論理和をベン図で表現すると図のようになる。A と B の論理演算が 1になるのは、A と B のどちらかが1のときなので、A と B の部分から A と B の共通部分を 除いた部分が斜線になる。

排他的論理和の相補演算は、この図の白の部分なので、 となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]