基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問26
問26   適切なCD-ROMに関する記述

 CD-ROM に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 書込みはできないが,磁気ディスク装置よりもアクセスが高速であるため,情報の追加や更新のない,ランダムにアクセスされるデータベースに適している。

イ 各データは,シリンダ,トラック,セクタの三つのレベルのアドレスで管理されている。

ウ 国際的な CD-ROM 用論理ファイルフォーマットである ISO 9660 では,ディレクトリに関する情報を保持できないので,各ファイルに“/ ”や“\”などの記号を含む長いファイル名を用いることによって,階層構造を管理している。

エ データやそれを処理するプログラムなど, セクタを単位とするディジタルデータを含む領域と,音楽用 CD と同様のオーディオ情報を含む領域の両方を混在させることができる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。CD-ROM は、磁気ディスク装置よりもアクセスが低速である。

イ:誤り。CD-ROM には、シリンダはない。

ウ:誤り。ディレクトリに関する情報を保持でき、ファイル名を階層構造で管理している。

エ:正しい。CD-ROM は、コンピュータ用の情報と音楽用 CD のオーディオ情報の両方を 混在させることができる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]