基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問30
問30   仮想記憶方式の可変長の領域

 仮想記憶方式の一つに,プログラムの手続きやデータなど, 論理的なひとまとまりを領域の単位として,仮想アドレス空間を分割して管理するものがある。 この可変長の領域を示す用語はどれか。

ア スロット     イ セクタ     ウ セグメント     エ フレーム
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 仮想記憶システムは、主記憶装置の容量よりも大きな記憶空間を 使用することができるシステムである。ハードディスクなどの補助記憶装置に 仮想記憶領域を作成し、プログラムを仮想記憶に分割して記憶し、 プログラムを実行するときに必要な部分を主記憶に割り当てて実行を行う。

 仮想アドレス空間を分割する方式として、ページ単位で分割する方式を ページング方式とよび、セグメントで分割する方式をセグメント方式とよぶ。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]