基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問38
問38   スループットに関する記述

 スループットに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア ジョブとジョブの間にオペレータが介入することによってシステムに遊休時間が生じても,スループットには影響を及ぼさない。

イ スループットは, CPU 性能の指標であり,入出力の速度,オーバヘッド時間などによって影響を受けない。

ウ 多重プログラミングは,ターンアラウンドタイムの短縮に貢献するが,スループットの向上にはあまり役立たない。

エ プリンタへの出力情報を一時的に磁気ディスク装置へ保存するスプーリングは,スループットの向上に役立つ。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 スループットは、与えられた時間内にコンピュータシステムによって遂行される仕事の量である。 たとえば、1時間当たりに処理できるジョブの個数などをいう。

ア:誤り。ジョブとジョブの間にオペレータが介入すれば、スループットが低下する。

イ:誤り。スループットは、入出力の速度やオーバヘッド時間などに影響を受ける。

ウ:誤り。多重プログラミングによって、スループットが向上する。

エ:正しい。スプーリングを行うことによって、スループットが向上する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]