基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問49
問49   チェックディジットを付加した結果

 次の方式によって求められるチェックディジットを付加した結果はどれか。 ここで,データを 7394,重み付け定数を 1234,基数を 11 とする。

〔方式〕

(1) データと重み付け定数の各けたごとの積を求め,その和を求める。

(2) 和を基数で割って,余りを求める。

(3) 基数から余りを減じ,その結果の1の位をチェックディジットとしてデータの末尾に付加する。

ア 73940     イ 73941     ウ 73944     エ 73947
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 チェックディジットは、以下のように計算する。

  7 3 9 4
  × × × × 
  1 2 3 4

  7+6+27+16=56
  56÷11=5余り1
  11−1=10
 合計の 10 の 1 の位をチェックディジットとしてデータの末尾に付加するため、 73940 となる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]