基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問56
問56   ファンクションポイント法

 ファンクションポイント法に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 採用するプログラム言語に応じて経験的に求めた標準ポイント数と,必要とされる手続の個数とを乗じてソフトウェアの規模を予測する。

イ サブシステム群の構成を推定して,過去の経験から求めたサブシステムの分類ごとの標準ポイント数に基づいてソフトウェアの規模を予測する。

ウ ソフトウェアが扱う入力データ,ファイルなどのデータ要素とそれらの 複雑さによる重み付けから得られるポイント数によって,ソフトウェアの規模を予測する。

エ ソフトウェアの開発作業を標準作業に分解し,それらの標準作業のポイント数からソフトウェアの規模を予測する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ファンクションポイント法は、外部入出力、内部論理ファイル,照会,インタフェースなどの 機能をポイント数として数値化し、そのポイント数の合計によって、 ソフトウェアの開発規模を見積る方法である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]