基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問62
問62   調歩同期方式

 スタートビットとストップビットを除いて8ビットからなる文字を, 伝送速度 4,800 ビット/秒の回線を使って調歩同期方式で伝送すると, 1分間に最大で何文字伝送できるか。 ここで,スタートビットとストップビットのビット長はともに1とする。

ア 480     イ 600     ウ 28,800     エ 36,000
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 伝送する情報量は、8ビットの文字に対して、 スタートビットとストップビットそれぞれ1ビットずつ必要になるので、 1文字 10 ビットとなる。

伝送速度 4,800 ビット/秒の回線では、1秒間に 480(文字)転送できる。

4,800 ÷10 ビット= 480(文字)

 1分間では、480(文字)× 60 = 28,800 文字となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]