基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問19
問19   ブロック転送に関する問題

 転送元の開始アドレス,転送先の開始アドレス,方向フラグ及び転送語数を 指定することでブロック転送が行える CPU において, 図のようにアドレス 1001 から 1004 の内容をアドレス 1003 から 1006 に転送する場合, パラメタとして適切なものはどれか。 ここで,転送は開始アドレスから1語ずつ行われ,方向フラグに0を指定するとアドレスの昇順に, 1を指定するとアドレスの降順に転送を行うものとする。

    転送元の開始アドレス 転送先の開始アドレス 方向フラグ 転送語数
ア   1001 1003 0 4
イ   1001 1003 1 4
ウ   1004 1006 0 4
エ   1004 1006 1 4

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 転送元の開始アドレスを 1001 にした場合、転送先アドレス 1003 の情報が上書きされてしまうため、 開始アドレスは 1004 にするべきである。

 このときの方向フラグは降順の1が適切である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]