基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問22
問22   磁気ディスクに関する問題

 一つのファイルは磁気ディスク上の連続した領域に記録されているのがよいといわれる。 その理由のうち,適切なものはどれか。

ア 磁気ディスク上にデータの記録されていない部分がなくなり,全領域が利用できる。

イ 磁気ヘッドの無駄な動きが減るので,ディスク表面の摩耗が少なくなる。

ウ ファイルの管理情報を格納する領域が少なくなり,その分ユーザが多く利用できる。

エ 連続してデータを読み取る場合,磁気ヘッドのシーク回数が少なくなるので,読取り時間は短くなる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:全領域が利用できるわけではない。

イ:ディスク表面の磨耗が少なくなるとはいえない。

ウ:ファイルの管理情報を格納する領域は変わらない。

よって、エが適切である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]