基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問29
問29   スワッピングに関する記述

 スワッピングに関する記述として,適切なものはどれか。

ア 仮想記憶の構成単位であるページを,主記憶から補助記憶に書き出したり, 補助記憶から主記憶に読み込んだりする。

イ システム資源全体の利用率の向上などのために, 主記憶と補助記憶の間でプロセスを単位として領域の内容を交換する。

ウ 主記憶上に分散した空き領域を移動して,連続した大きな空き領域を生成する。

エ プログラムを機能ごとにモジュールに分割し,実行時に必要なモジュールだけをロードする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 スワッピングは、主記憶がいっぱいでプログラムをロードできない場合に、 主記憶と補助記憶の間でプロセスを単位として領域の内容を交換する操作である。

 アは、「ページング」に関する記述で、エは、「オーバレイ」に関する記述である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]