基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問34
問34   ファイル編成に関する問題

 順編成ファイルのアクセス方法の特徴として,適切なものはどれか。

ア 直接アクセス記憶装置では使えない。

イ バッファの個数分だけ先読みできる。

ウ ページと呼ぶ単位で入出力を行う。

エ レコードごとに相対アドレスをもつ。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 順編成ファイルは、ファイル内の情報を一定の順序で連続した位置に記録する編成方法である。 ほとんど全ての記憶媒体に使用できる。

ア:直接アクセス可能な磁気ディスクなどにも適用できる。

ウ:ページと呼ぶ単位で入出力を行うのは、仮想記憶である。

エ:レコードごとに相対アドレスをもつのは、相対編成ファイルである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]