基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問67
問67   データベースに関する問題

 項目 a の値が決まれば項目bの値が一意に定まることを,a → b で表す。 例えば,社員番号が決まれば社員名が一意に定まるという表現は,社員番号 → 社員名である。 この表記法に基づいて,図のような関係が成立している項目 a 〜 j を, 関係データベース上の三つのテーブルで定義する組合せとして,適切なものはどれか。

ア     テーブル 1{a}
テーブル 2{b,c,d,e}
テーブル 3{f,g,h,i,j}
    イ     テーブル 1{a,b,c,d,e}
テーブル 2{b,f,g,h}
テーブル 3{e,i,j}
    
ウ     テーブル 1{a,b,f,g,h}
テーブル 2{c,d}
テーブル 3{e,i,j}
    エ     テーブル 1{a,c,d}
テーブル 2{b,f,g,h}
テーブル 3{e,i,j}

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:それぞれの階層の関係がつかめない。

ウ: a, c と a, d と a, e の関係がつかめない。

エ: a, b と a, e の関係がつかめない。

よってイが適当である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]