基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問11
問11   数値に関する構文

 数値に関する構文が次のとおり定義されているとき,<数値> として扱われるものはどれか。

<数値>  ::=<数字列>|<数字列>E<数字列>|<数字列>E<符号><数字列>

<数字列> ::=<数字>|<数字列><数字>

<数字>  ::=0|1|2|3|4|5|6|7|8|9

<符号>  ::=+|−

ア −12     イ 12E−10     ウ +12E−10     エ +12E10
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 問題の定義より、<数値> は、以下の3つのようになる。
  • 数字列
  • 数字列 E 数字列
  • 数字列 E 符号 数字列
よって、123 や 1E5 や 12E+10 などが <数値> となる。 ア、ウ、エは、先頭が符号なのでまちがいである。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]