基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問28
問28   インタフェース規格(USB)

 多くの周辺機器を,ハブを使ってツリー状に接続できるインタフェース規格はどれか。

ア IDE     イ RS-232C     ウ SCSI     エ USB


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:IDE
 ハードディスクや CD-ROM を内部接続するためのインタフェースである、 Primary と Secondary の2つのポートを持ち、それぞれに Master と Slave が 設定できるので、合計4台の機器を接続できる。

イ:RS-232C
 モデムを接続するための通信用規格として制定されたが、 さまざまな入出力装置との接続に使われる。

ウ:SCSI
 ハードディスク、CD-ROM、MO、イメージスキャナ、CD-R など比較的高速に データ転送するときに使われる。最大7台の機器を数珠つなぎに接続できる。

エ:USB
 モデム、マウス、キーボード、CD-ROM、プリンタ、スキャナなどの機器を 最大 127 台接続できる。USB ハブを使って階層的に接続することも可能である。

ハブを使うのは、USB である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]