基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問67
問67   データの正規化

 データの正規化を行うことの意義として,適切なものはどれか。

ア アプリケーションプログラムの作成を容易にする。

イ データの重複を避け,保守・管理を容易にする。

ウ データベースの検索を効率化する。

エ データベースの構造を単純化することによって,所要記憶容量を少なくする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 データベースを設計する場合、不要な重複を削除し、必要な全ての情報を高速に 検索できるようにデータを構成する必要がある。テーブル、キー、列、および リレーションシップを精密に調整し、効率的なデータベースを作成するプロセスを正規化と言う。 データの正規化を行う意義は、データ構成の整理に目的があり、同じデータが重複して 記録されることを避け、保守・管理・点検を正確に行うことにある。 よって、正解は(イ)である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]