基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問79
問79   プログラムの著作権

 プログラムの著作権に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 個人が作成し実名で公表したプログラムの著作権保護期間は,作成後 50 年である。

イ 正当に取得したプログラムの複製物であっても,著作権者の許諾がない限り,それを更に複製することはいかなる場合でも認められない。

ウ 著作者が法人であるプログラムは,公開していなくても著作物として認められる。

エ プログラムを指定登録機関に登録しなければ,著作権は成立しない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。著作権法 第4章第6節(第 101 条)により、個人が作成した プログラムの著作権保護期間は死後 50 年とされている。

イ:誤り。著作権法 第2章第3節(第 30 条)により、正当に取得したプログラムは、 バックアップ等の個人の範疇内で必要と認められる場合(私的利用)に限り、 複製が許可されている。

ウ:正しい。

エ:誤り。プログラムの登録制度自体は存在するが、登録機関に登録しなくとも 著作権自体は発生する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]