基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成15年 秋期 基本情報技術者 午前 問07
問07   異常がなかった部品の個数

 100 個の部品を検査したところ,異常 A が検出されたものは 11 個,異常 B が 検出されたものは7個,異常 C が検出されたものは4個であった。 また,A と B の両方が検出されたものは3個,A と C の両方が検出されたものは2個あり, B と C の両方が検出されたものはなかった。異常が検出されなかった部品は何個か。

ア 78     イ 83     ウ 85     エ 88
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ベン図で表すと図のようになる。 異常が検出されなかった部品は、図の円の外側の部分である。

この部分の個数は、100−(11+4+2)=100−17=83となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]