基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 秋期 基本情報技術者 午前 問30
問30   マルチプログラミング

 三つのタスクの優先度と,各タスクを単独で実行した場合の CPU と入出力装置( I/O )の 動作順序と処理時間は,表のとおりである。 三つのタスクが同時に実行可能状態になってから,すべてのタスクの実行が終了するまでの, CPU の遊休時間は何ミリ秒か。 ここで,I/O は競合せず,OS のオーバヘッドは考慮しないものとする。

優先度 単独実行時の動作順序と処理時間(単位 ミリ秒)
CPU (3) → I/O (5) → CPU (2) → I/O (5) → CPU (2)
CPU (2) → I/O (6) → CPU (2) → I/O (5) → CPU (2)
CPU (1) → I/O (5) → CPU (2) → I/O (4) → CPU (1)

ア 2     イ 3     ウ 4     エ 5
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 優先度が高いタスクの順にをA、B、Cとすると図のように実行され、 CPU の遊休時間は4ミリ秒となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]