基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 秋期 基本情報技術者 午前 問72
問72   インターネットのセキュリティ

 インターネット利用のセキュリティに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア インターネットを経由して社内電子メールシステムを社外と接続する場合,ファイアウォールを導入すれば,社内からの重要な情報の流出は自動的に防止できる。

イ インターネットを経由してデータベースサーバを利用させる場合,データベースへの不正アクセスやデータの改ざんを防止する対策が必要となる。

ウ インターネットを利用して電子メールを送信する場合,暗号化を行えば電子メールの到達確認ができる。

エ インターネットを利用するには,利用者認証システムに登録する必要がある。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。 ファイアウォールを導入しても社内からの重要な情報の流出は防止できない。社員の教育が必要である。

イ:正しい。

ウ:誤り。暗号化を行っても電子メールの到達確認はできない。

エ:誤り。インターネットを利用するには利用者は特に必要ない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]