基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問39
問39   稼働率の計算

 図のような LAN 設備がある。 LAN1のクライアントは LAN3 に接続されているサーバを使用して,ある業務処理を行っている。 通常は,ルータ1を介して通信を行っているが,ルータ1 の故障時にはルータ2, 3を介して通信を行う。 この LAN1 と LAN3 をつなぐ LAN 設備の稼働率は幾らか。 ここで,各ルータの故障率は 0.1 とし,故障時の切替えに時間はかからず, ルータ以外の LAN 設備の故障は考慮しないものとする。

ア 0.729     イ 0.981     ウ 0.990     エ 1.000
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

稼働率の計算について

稼働率=1−故障率
故障率= 0.1
稼働率= 1− 0.1 = 0.9

ルータ1と(ルータ2、ルータ3)における稼働率
ルータ1の稼働率= 0.9 、よって故障率= 0.1
ルータ2とルータ3の稼働率= 0.9 × 0.9 = 0.81 、よって故障率= 0.19

クライアントとサーバ間の稼働率
故障率= 0.1 × 0.19 = 0.019
稼働率=1− 0.019 = 0.981


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]