基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問65
問65   LANのアクセス制御方式

 LAN における媒体アクセス制御方式のうち,伝送媒体上でのデータフレーム衝突を 検出する機能をもつ方式はどれか。

ア CSMA/CA            イ CSMA/CD

ウ トークンパッシングバス     エ トークンパッシングリング


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: CSMA/CA( Carrier Sense Multiple Access with CollisionAvoidance )とは、 搬送波感知多重アクセス/衝突回避方式と言い、無線 LANにおける通信手順であり、 基本的な通信手順(通信プロトコル)、メディアアクセス制御として用いる。
イ: CSMA/CD( Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection )とは、 搬送波感知多重アクセス/衝突検出方式で、 媒介制御アクセス方式の1つであり、Ethernet で使われている。伝送媒体上での データフレーム衝突を検出する機能を持つ。よって、正解である。ただし、ネットワーク上に 接続する機器が多ければ多いほど衝突の回数が多くなる傾向がある。
ウ:トークンパッシングバス( Token Passing )方式 とは、トークンリング型の トポロジーで使用されるアクセス制御方式である。
エ:トークンパッシングリング( Token Passing Ring )とは、トークンパッシングバスを LAN に適用できるように、円環に変形させたものである。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]