基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問69
問69   DBMSにおけるデッドロック

 DBMS におけるデッドロックの説明として,適切なものはどれか。

ア 2相ロックにおいて,第1相目でロックを行ってから第2相目でロックを解除するまでの状態のこと

イ ある資源に対して占有ロックと占有ロックが競合し,片方のトランザクションが待ち状態になること

ウ あるトランザクションがアクセス中の資源に対して,ほかのトランザクションからアクセスできないようにすること

エ 複数のトランザクションが,互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり,実行できなくなること


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 DBMS ( DataBase Management System )とは、共有データとしてのデータベース管理し、 データに対するアクセス権の要求に応えるソフトウェアである。 プロセスが排他的に1つのレコードを占有(ロック)しそれが複数あるとき、 占有していないレコードにあるプロセスがアクセスしようとすると、占有している プロセスが終了するまでそのプロセスは待ち状態となる。この状態が双方で 起こると共に待ち状態となる。このことをデッドロックという。データベース上に 不具合が発生ない様に DBMS がデッドロックを起こし、プログラムに通知することもある。 よって、正解は(エ)である。

ア:2相ロックとは、データ操作開始時に処理データ全てをロック、 操作後に全て解放するロックのことを指す。

イ:片方のみではなく双方がロックするとデッドロックとなる。

ウ:排他制御に関しての記述。

エ:デッドロックに関しての記述。よって、正解である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]