基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 秋期 基本情報技術者 午前 問41
問41   プログラムの制御構造

 プログラムの制御構造に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア “後判定繰返し”は,繰返し処理の先頭で終了条件の判定を行う。

イ “双岐選択”は,前の処理に戻るか,次の処理に進むかを選択する。

ウ “多岐選択”は,2つ以上の処理を並列に行う。

エ “前判定繰返し”は,繰返し処理の本体を1回も実行しないことがある。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:“後判定繰返し”は、繰返し処理の直後に終了条件判定を行う構造である。 繰返し処理の先頭で終了条件判定を行う構造は、“前判定繰返し”である。

イ:“双岐選択”は、前の処理に戻るか、次の処理に進むかを選択するのではなく、 2つある次の処理のどちらに選択するかの構造である。

ウ:“多岐選択”は、2つ以上の処理を並列に行うのではなく、 複数ある様々な処理を条件に照らして選択する構造である。この場合、並列ではない。

エ:“前判定繰返し”は、繰返し処理の先頭で終了条件判定を行うので、 本体を1回も実行しないこともある。よって、正解である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]