基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 秋期 基本情報技術者 午前 問74
問74   基幹業務システムの再構築

 ERP パッケージを導入して,基幹業務システムを再構築する場合の留意点はどれか。

ア 各業務システムを段階的に導入するのではなく,必要な全ての業務システムを同時に導入し稼働させることが重要である。

イ 現場部門のユーザの意見を十分に尊重し,現行業務プロセスと合致するようにパッケージのカスタマイズを行うことが重要である。

ウ 最初に会計システムを導入し,その後でほかの業務システムを導入することが重要である。

エ パッケージが前提としている業務モデルに配慮して,会社全体の業務プロセスを再設計することが重要である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ERP( Enterprise Resource Planning :企業資源計画)パッケージとは、 企業資源を有効活用し経営をより効率化し、利益の最大化を図るために、1つ1つの 部門の業務レヴェルごとではなく企業全体を統合的に管理するための ソフトウェアパッケージのことを指す。これは業務情報システムパッケージであり、 業務と密接な関係にある。利点としては、パッケージが前提としている他企業の 業務を良い部分(ベスト・プラクティス)を参考にし、なかなか知りえない部分を 知ることができるが、他方では他に知られる分、自企業特有の業務の長所を 活かし切れないリスクが存在する。

ア:良い業務システムを導入することは重要だが、同時導入は社員教育、経済負荷、 リスク等の様々な問題を考えると、段階的導入の方が企業リスクを回避することができる。

イ:現場の意見も非常に重要ではあるが、企業全体を見渡した効率的な業務計画の 見直しなので、この場合現行プロセスを基本に考えることは望ましくない。

ウ:会計システムは ERP においても非常に重要ではあるが、 その順番は順不同で構わない。

エ:パッケージが前提としている業務モデルに配慮して、会社全体の業務プロセスを 再設計することは重要である。よって、正解である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]