基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 春期 基本情報技術者 午前 問43
問43   プログラムのテストに関する記述

 プログラムのテストに関する記述として,適切なものはどれか。

ア 内部構造のテストとしてブラックボックス法を用い,外部仕様のテストとしてホワイトボックス法を用いる。

イ プログラムに残っているエラーの個数は,既に見つかったエラーの個数とは無関係である。

ウ プログラムの完全性を証明することがテストの目的であり,エラーはすべて検出できるという仮説の下にテスト計画を立てるべきである。

エ プログラムのテストでは,それが意図したように動くかどうかだけではなく,意図しなかった動きがあるかどうかも調べる必要がある。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

(ア)誤り 内部構造のテストとしてホワイトボックス法を用い、 外部仕様のテストとしてブラックボックス法を用いる。

(イ)誤り 既に多くのエラーが見つかっても残っているエラーが少ないとは限らない。

(ウ)誤り プログラムのエラーは、別のプログラムなどによって起こる可能性もあるので、 完全になくなるとは限らない。

(エ)正しい 


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]