基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成17年 春期 基本情報技術者 午後 問01
問01   リストに関する記述

リストに関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

リストの構造は図1のとおりとする。

      図1 リストの構造

 

(1) ROOT は,リストの先頭を指す。

(2) リストの要素は連続する2語からなる。 第1語には値が,第2語には次の要素へのポインタが格納されている。

(3) リストの各要素は値の昇順に連結されていて,値はすべて異なる。 最後の要素の第2語にはポインタとして 0000 が格納されている。

(4) 図 1 の構造をもつリストが,図2のとおりに主記憶の 00FF 番地から 0117 番地までに格納されている。 00FF 番地は ROOT である。

(5) 1語は 16 ビットからなり,語単位で番地が付いている。

        図2 主記憶の状態

設問1 010C 番地の内容として正しい答えを,解答群の中から選べ。

解答群

ア 0099    イ 00A1    ウ 00A3    エ 00A4    オ 00A5

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問2 次の記述中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

0110 番地及び 0111 番地からなる要素をリストから削除するには, 番地の内容を に変えればよい。

解答群

ア 0101    イ 0102    ウ 0103    エ 0104    オ 0105

カ 0113    キ 0114    ク 0115    ケ 0116    コ 0117

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問3 次の記述中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

0118 番地から 011D 番地に格納されている3要素からなるサブリストと, 設問2で要素を削除する前のリストを併合するには, 番地の内容を 011A に, 番地の内容を 0102 に, 番地の内容を 011C に, 番地の内容を 0108 にそれぞれ変えればよい。

解答群

ア 0109    イ 010B    ウ 010D    エ 010F    オ 0111

カ 0113    キ 0115    ク 0117    ケ 0119    コ 011B

解答 c ←クリックすると正解が表示されます

解答 d ←クリックすると正解が表示されます

解答 e ←クリックすると正解が表示されます

解答 f ←クリックすると正解が表示されます


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]