基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 秋期 基本情報技術者 午前 問21
問21   データ誤りの自動訂正

 メモリアクセスの信頼性を高めるための方式で,データ誤りの自動訂正が可能なものはどれか。

ア CRC          イ ECC

ウ チェックサム      エ パリティ


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:CRC (Cyclic Redundancy Check)は、巡回冗長検査のことである。

イ:ECC (Error Correcting Code)は、 メモリなどからデータを読み出すときに、データの誤りを訂正するための付加したコードである。

ウ:チェックサム  データを送受信する際の誤り検出方法である。

エ:パリティ  2進コードの誤りを検出するために、1の個数が偶数か奇数になるように、 余分のビットを付加する方法である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]