基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 秋期 基本情報技術者 午前 問65
問65   コンピュータウイルス

 コンピュータウイルスを発見したときの適切な対処はどれか。

ア ウイルス感染時の動作特性からウイルス名を特定するために,動作の再現性を確認する。

イ 短時間のうちに広範囲に感染するワームが発見されても,オンライン業務システムとして稼働中の場合は,そのままの状態でウイルス対策を進める。

ウ ネットワークを経由してほかのコンピュータに感染する可能性があるので,まず感染したコンピュータをネットワークから切り離す。

エ メモリ上にウイルスプログラムが展開されている可能性があるので,まずコンピュータの電源を切る。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

コンピュータウイルスを発見した場合、他のコンピュータに感染するのを防ぐために、 まず感染したコンピュータをネットワークから切り離すことが重要である。

ア:誤り  動作の再現性を確認している間に、感染が拡大する可能性がある。

イ:誤り  短時間のうちに広範囲に感染するワームが発見されてた場合は、 オンライン業務システムを停止しての対策が必要である。

ウ:正しい

エ:誤り  コンピュータの電源を切ると重要なデータを消してしまう可能性がある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]