基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問20
問20   キャッシュメモリのヒット率

 図に示す構成で,表に示すようにキャッシュメモリと主記憶のアクセス時間だけが異なり, ほかの条件は同じ2種類の CPU X と Y がある。

あるプログラムを CPU X と Y でそれぞれ実行したところ,両者の処理時間が等しかった。 このとき,キャッシュメモリのヒット率は幾らか。 ここで,CPU 処理以外の影響はないものとする。

ア 0.75     イ 0.90     ウ 0.95     エ 0.96
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 データがキャッシュメモリに存在する確立をヒット率とよぶ。 データがキャッシュメモリになく、主記憶装置にある確立は、(1−ヒット率)となる。

 求めるヒット率を x とする。

40x+400(1−x)=20x+580(1−x)
x= 0.9

【平成15年秋 問22】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]