基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問73
問73   売上原価の計算

 表の受払記録において,商品の払出単価の計算方法として後入先出法を適用したとき, 9月の売上原価は何万円か。

〔受払記録〕

9月 1日 前月繰越 100個 単価 3万円
 

6 日

仕  入 50個 単価 5万円
 

10 日

売  上 50個   
 

17 日

仕  入 50個 単価 4万円
 

25 日

売  上 100個   
 

30 日

次月繰越 50個   

ア 550     イ 561     ウ 563     エ 600
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 後入先出法は、最後に仕入れた商品から順に出していく方法である。

  • 9月10日の売上(50個)は、9月6日の仕入(50個)を使う。
    売上原価=50×単価5万円=250万円
  • 9月25日の売上(100個)は、9月17日の仕入(50個)と 9月1日前月繰越(50個)のを使う。
    売上原価=50×単価4万円+50×単価3万円=200万円+150万円=350万円
 よって、250万円+350万円=600万円となる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]