基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問30
問30   可変区画方式のコンピュータ

 プログラムのモジュール単位に主記憶を割り当てる可変区画方式のコンピュータにおいて, 五つのモジュール A 〜 E を次の順序でロードしたり解放したりする。 最後のモジュール E をロードした時点で,主記憶の空き領域は何か所存在するか。 ここで,主記憶は 500 k バイトで初期状態では何もロードされていない。 また,モジュールは空き領域の先頭からロードするものとし,その他の条件は考慮しない。

〔ロードと解放の順序〕

A のロード → B のロード → C のロード → B の解放 → D のロード

→ A の解放 → E のロード

〔モジュールの大きさ〕

モジュール 大きさ( k バイト)
A 200
B 100
C 150
D 80
E 90

ア 3       イ 4       ウ 5       エ 6


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 五つのモジュールは、図のようにロードと解放を行う。 最後のモジュール E をロードした時点で、主記憶の空き領域は、3か所になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]