基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問63
問63   各表へのデータの入力順序

 事務室が複数の建物に分散している会社で,PC の設置場所を管理するデータベースを作ることになった。 “資産”,“部屋”,“建物”の三つの表を作成し,各表の関連付けを行った。 新規にデータを入力する場合は,参照される表のデータが先に存在している必要がある。 各表へのデータの入力順序として,適切なものはどれか。 ここで,各表の下線部の項目は,主キー又は外部キーである。

資産

PC 番号 建物番号 部屋番号 機種名

部屋

建物番号 部屋番号 部屋名

建物

建物番号 建物名

ア 資産 → 建物 → 部屋       イ 建物 → 部屋 → 資産

ウ 部屋 → 資産 → 建物       エ 部屋 → 建物 → 資産


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 『新規にデータを入力する場合は、参照される表のデータが先に存在している必要がある。』 とある様に、“資産”表は“建物”表と“部屋”表を外部参照、 “部屋”表は“建物”表を外部参照している。このことよりまず基本となる“建物”表に入力し、 その“建物”表のみを外部参照している“部屋”表を入力する。 最後に“資産”表を入力すれば良い。よって、正解は(イ)である。

【平成16年秋 問70】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]