基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問74
問74   システムの運用設計

 システムの運用設計においては,運用操作ミスを防止するために,あらゆる場合を 想定した設計を行うことが大切である。 これまでの経験を生かしながら,未知の状況を先読みして対処手順の検討, 問題点の所在の確認を行う必要がある。 これをまとめるときに活用できる手法はどれか。

ア PDPC 法        イ アローダイアグラム法

ウ 系統図法        エ 連関図法


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。 事態の進展とともにいろいろな結果が想定される問題について、 望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。

イ:誤り。 アローダイアグラムとは、作業の前後関係を整理して矢印で結んだネットワークを作成し、 工程上のネックを発見して日程計画に役立てることを指す。

ウ:誤り。 系統図法は、目的、結果などの最終目標を設定し、この最終目標に到達するための 手段・方策を順次展開し、問題解決への最適手段・方策を追求していく方法である。

エ:誤り。 複雑な要因の絡み合う事象について、その事象間の因果関係を明らかにする方法である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]