基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問07
問07   相関係数に関する記述

 相関係数に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア すべての標本点が正の傾きをもつ直線上にあるときは,相関係数が +1 になる。

イ 変量間の関係が線形のときは,相関係数が0になる。

ウ 変量間の関係が非線形のときは,相関係数が負になる。

エ 無相関のときは,相関係数が -1 になる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 相関係数とは、2つの変数の間の相関を示す統計学的指標である。

相関係数は、-1 から 1 の間の値をとり、1 に近いときは2つの変数は正の相関があり、 -1 に近ければ負の相関がある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]