基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問21
問21   ヒット率の計算

 システム A, B のキャッシュメモリと主記憶のアクセス時間は,表のとおりである。 あるプログラムをシステム A で実行したときのキャッシュメモリのヒット率と 実効アクセス時間は,システム B で実行したときと同じになった。このときのキャッシュメモリの ヒット率は幾らか。

                   単位 ナノ秒
         システム A システム B 
 キャッシュメモリ    15     10 
 主記憶     50     70 

ア 0.2       イ 0.3       ウ 0.5       エ 0.8


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ヒット率をZとすると
15 ×Z+ 50 ×(1−Z)= 10×Z+ 70 ×(1−Z) より、
15Z+ 50 − 50Z=10Z+ 70 − 70Z
−45Z+60Z=20 より、
15Z=20
Z= 0.8 となる。

【平成16年秋 問22】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]