基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問33
問33   稼働率

 平均故障間隔が x 時間,平均修理時間が y 時間のシステムがある。使用条件が 変わったので,平均故障間隔,平均修理時間がともに従来の 1.5 倍になった。新しい使用条件での 稼働率はどうなるか。

ア x, y の値によって変化するが,従来の稼働率よりは大きい値になる。

イ 従来の稼働率と同じ値である。

ウ 従来の稼働率の 1.5 倍になる。

エ 従来の稼働率の 2/3 倍になる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 稼動率は、あるシステムが稼働している確率で、次の式で求めることができる。 稼動率の値は 0 以上 1 以下になり、1 に近いほどシステムの信頼性は高い。


      MTBF
 稼働率=─────   
     MTBF+MTTR

 この式で、MTBF と MTTR の値を 1.5 倍しても稼働率は変わらない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]