基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問39
問39   プログラムの各種特性に関する記述

 プログラムの各種特性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 再帰的処理のためには,実行途中の状態を FIFO 方式で記録し,制御する必要がある。

イ 再入可能プログラムを実現するためには,プログラムを手続部分とデータ部分に分割して,データ部分をプロセスごとにもつ必要がある。

ウ 逐次再使用可能なプログラムは,再入可能でもある。

エ 複数のプロセスで同時に実行できるようにしたプログラムは,再帰的である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:再帰的処理は、自分の中から自分を呼び出す処理で、FIFO 方式ではなく、LIFO 方式である。

イ:正しい。

ウ:逐次再使用可能なプログラムは、一度主記憶にロードしておけば、何回でも繰り返して使用することが できるプログラムである。ただし、一時点に使用できるプログラムは、1本である。再入可能なプログラムは 同時に2つ以上のプログラムからよび出すことができるプログラムである。

エ:複数のプロセスで同時に実行できるようにしたプログラムは、再入可能なプログラムである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]