基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問46
問46   ボトムアップテストの特徴

 ボトムアップテストの特徴として,適切なものはどれか。

ア 開発の初期の段階では,並行作業が困難である。

イ スタブが必要である。

ウ テスト済みの上位モジュールが必要である。

エ ドライバが必要である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 分割されたプログラムをボトムアップ方式でテストする場合は、下位モジュールから開発する。 そのため、テスト段階では上位のモジュールは未開発である。したがって、 下位のモジュールをテストするときは、ドライバとよばれる簡単なテスト用のモジュールを 作成してテストする。

 トップダウンテストでは、ボトムアップ方式の逆になるため、 下位のモジュールができていない状態で上位のモジュールをテストする。そのため、 テスト用のスタブとよばれる下位のモジュールを作成する必要がある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]